男性のカンジダ症はどんな物なのか原因と症状を解説

カンジダ症、というのは主に女性に多い性病の一つなのですが男性にも稀に発症する事があるんですね。男性が、このカンジダ症を発症する時はどういう物なのかと言うことなのですが、それについてを解説していきましょう。

ビタミン剤を飲む男性

男性のカンジダ症について

男性がカンジダ症を発生させる場合は、特に性器の状態が包茎になってしまっている人だと発生しやすいんですね。元々、カンジダ菌と言うものは人体の内部に保有していることも珍しくはないのですが、殆どの場合男性は症状が起こる事はありません。

ただ、包茎や糖尿病という物が原因だったりステロイド剤を投与する事が原因で症状が表に出てしまうこともあるんですね。特に、包茎は亀頭が常に包皮に包まれていますのでどうしても亀頭に雑菌が繁殖しやすい状態になってしまうことで、症状が発生シてしまう場合があるんです。

男性カンジダ症の症状について

男性のカンジダ症は、主にペニスの亀頭に発生する事が多いですね。主な症状は、亀頭に対するかゆみやただれなどの症状。また、亀頭が赤く腫れてしまったり白いカスが出やすくなるなど目に見た症状の発生が起きやすいです。

他にも、亀頭に小さな水疱が出来る亀頭包皮炎症や尿道炎などの誘発することもありますね。尿道炎は特に引き起こすと生活に支障が出るような痛みが続きますので気をつけましょう。

男性のカンジダ予防

やはり、一番は包茎を治療してしまうことですね。包茎ではない状態だと、ほぼカンジダ症が発生する事がないのでそれが一番の治療方法になるんですね。

なので、カンジダ症にならないようにするためにはとにかく包茎を治してしまう、というのがもっとも直接的かつ手っ取り早い予防方法なんです。