女性のカンジダ症の原因と症状に予防策はどうしたらいいのか

カンジダ症は、性病の中でも色々と特徴的なところがあるという特性を持っていますね。特に、カンジダ症の特徴として数える事が出来るのは何と言っても女性の感染率が圧倒的に高い、という事なんですね。

女性のカンジダ症はどんな物なのかを解説シていきましょう。

■女性のカンジダ症について
女性の場合、カンジダ症は主に陰部に出来る物ですね。膣内や、外陰部に同時に症状が現れると言うケースが多いんですね。外陰膣カンジダ症という風に呼ばれていて症状としては患部のかゆみ、ヨーグルト状のおりものが増加したり、性器自体が炎症することで灼熱感や痛みを感じるようになるんですね。

また、性交をする事で痛みを感じてしまったり排尿する際の障害が起きてしまったりするような弊害を及ぼすような場合もあります。

■原因について

■原因について

女性のカンジダ症の場合、主に風邪や疲労、ストレスなどで体力や免疫が低下する事で持っている真菌が症状を発生させる事が多いですね。

他にも、ステロイド剤や抗生物質などを濫用することや妊娠などが原因で症状を起こすこともあり、更に再発を何度も繰り返してしまうことも稀にあるんですね。

女性のカンジダ症は治療に時間がかかることもあり、治療をする際には免疫力の低下を防ぐと言う事が必要になるんです。

■女性のカンジダ症対策
まず、免疫能力が低下している場合はそうならないために生活習慣を見直しましょう。睡眠をしっかりとり、健康的な食事を取る事。

そして、衛生面を気にして下着が通気性が悪いような物だったりガードルなどをつけることを身に着けないようにして、カンジダ菌が繁殖したり生息したりしないようにする、ということが効果的な予防策になるんですね。